SPECIAL INTERVIEWS

SOSEI事業部 施工管理 天川 雅史

弊社の施工管理者は現在7名になりました。私は学校を出てから、同じ職種の転職をしまして現在3年目、社内ではまだまだ駆けだしです。仕事では日本全国を周ります。

最も大切にしていることは、事前の段取りです。例えば気候をつかんでおくために、あらかじめ地元の方のお話を伺ったり、インターネットでも調べておきます。

現場へ行ってまず最初に確認するのは屋根ではなくて、周囲の環境です。工事期間中に与える影響を少なくすることを意識しています。また必ずスタッフ達と会話をして、表情や体調を観察することは毎朝の日課です。

「勇気の源は“仲間”」

自分の判断が現場の進行やスタッフ、お客様のご予定に影響を与えますので、責任ある仕事です。特に「今日はここで切り上げるべきだ」という部分の勇気ですね。かといって、孤独を感じることはほとんどありません。他の現場にいる人間と「これどう思います?」とオンラインで会話をしたり、日々情報を交換しているからです。個々の経験を積んでいく必要はもちろんありますが、私たちは社内の仲間たちとノウハウを蓄積しています。

「コピーになるな」

これから新しく加わって、一緒に働くことになる方々へは「私のコピーになる必要はない」とお伝えしたいです。チーム5名ほどで動いていますが、管理者によってそれぞれの「色」があります。先輩方のやり方を見て、現場を感じていただいて、ご自身オリジナルの存在になってほしいですね。

「観光はいつも悪天候」

工事ができないときは、その土地の観光スポットを見たり、教えてもらったグルメを味わいに出ることがよくあります。...でもその時は必ず風が強いか、もしくは雨という状況なんですよね(笑)。


PROFILE

1973年 山梨生まれ、静岡で育つ。土木工学を学びながら、剣道や野球に打ち込む。
建設、介護職を経てトヨコー入社。読書、ガンプラ製作(RX-78-02)、出張時の御朱印集めなど多くの趣味を嗜む。