SOSEI - 株式会社トヨコー TOYOKOH Inc.

SOSEIについて

「製造ライン・製品の品質を守るため、工場の生産ラインを止めずに古くなった工場屋根を延命させたい」
SOSEI事業は、こうしたお客様の声から生まれました。塗料の技術と樹脂の技術、二つの異なる化学分野を組み合わせ3層を吹き付ける独自のSOSEI工法は、特に老朽化してアスベストを含み水洗いができないスレート屋根を、樹脂によってまるごと封じ込め、「防水」「断熱」「補強」「防音」「結露対策」等の効果が得られ、コスト優位性があることから多くの顧客の支持を得てきました(施工総面積:2021年3月時点1,038,109m2)。

▶︎金属屋根カバー工法の重量問題、ビス止め時の既存スレート含有のアスベスト粉塵の問題に苦慮している 
▶︎既存スレートの劣化による雨漏れ・割れ・破損・踏み抜き事故、産廃処分の問題、アスベストが飛散するため困難なスレート表面の高圧洗浄・研磨で悩んでいる 
▶︎漏水による生産ラインや製品への不具合発生リスク、夏場の熱中症、省エネ法改正への対応に困っている...
こういった問題をSOSEIは解決します。

三層の特殊樹脂構造

③ 第3層 SOSEIトップ
  耐候性塗料(2液ウレタン系溶剤)
② 第2層 SOSEIコート
  防水・補強材(特殊ポリウレタン樹脂)
① 第1層 SOSEIフォーム
  接着・断熱材(特殊ポリウレタンフォーム)

災害対策に大きな効果

数字で証明された断熱効果

ボタン型温度データロガーを屋根裏にセットし、屋根裏の温度の変化を24時間記録。同じ建屋でもSOSEI工法を施工した範囲と施工していない範囲とでは最大15.5°Cの差がありました。

施工事例Before & After

スレート屋根 Before

After

陸屋根 Before

After

瓦棒屋根 Before

After

グローバルなニーズに応える

トヨコーは、⽇本が直⾯している「インフラ等の⽼朽化」「⽣産年齢⼈⼝の減少」という社会問題を解決すべく、インフラ等構造物をより長く使い続けるための循環型の技術開発を進めてきました。
このうち、2006年に独自開発したSOSEI(蘇⽣)⼯法は、スレートや金属の老朽化屋根に3層の特殊樹脂を吹き付けることで延命が完了する技術で、防水や断熱、補強などの効果を生むものです。14年の実績があり、⽇本国内で⾃動⾞、電機、⾷品などの大手メーカーの⼯場をメインに、延べ約92万㎡以上の屋根を施⼯してきました。
そして、日系企業が多数進出しており、製造業にとって東南アジアの一大拠点でもあるタイでの屋根の補修事業に参入を見据え、2019年7月にTOYOKOH (THAILAND) Co., Ltd.を設立しました。

YOU TUBEで配信中!

パンフ・論文 ダウンロード

お問い合わせ